「強い気持ち」で阪神・中野拓夢が決勝打 打線改造は結果オーライ

KANSAI

内田快
[PR]

 (3日、プロ野球 阪神タイガース7―3読売ジャイアンツ)

 七回。阪神が打ちあぐねていた戸郷翔征を捕まえた。

 1死満塁とし、大山悠輔の2点タイムリーで3―3の同点。なお2死満塁、巨人の4番手大江竜聖に対して打席に立った1番中野拓夢(たくむ)は、「四球狙いという弱い気持ちではなく、ヒットでかえそうという気持ちだった」。フルカウントからの7球目。矢野燿大(あきひろ)監督が「投げた瞬間、ボール」と思ったほどの高めの球を強引に引っ張った。

 高く舞い上がった打球は、前進守備の右翼手を越え、ポール際の外野フェンスを直撃した。

 「ここで行くしかない」と、矢野監督が代打や代走をつぎ込む。守る巨人も、高梨雄平、鍵谷陽平、大江と矢継ぎ早にマウンドに送り出して応酬。そんな攻防に、決着をつける勝ち越しの3点三塁打になった。

 この日、阪神はここまで1番を務めてきた近本光司を3番に置いた。俊足巧打の1番中野、2番島田海吏が出塁して、6試合連続で複数安打中だった近本がかえす形を期待したのだろう。しかし、六回まで3人そろって出塁はなし。機能しなかった。

 だが、勝負どころで思い切りのいい中野に打順がまわってきたことで、「結果オーライ」となった。

 巨人との首位攻防3連戦で先勝したものの、わずかな勝率差で阪神はまだ2位だ。この土、日を1勝1分け以上で乗り越えなければ、カードを終えての首位には立てない。

 「強い気持ちで打ててよかったです」と臆さなかった新人。彼に続く虎のヒーローは現れるか。(内田快)

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]