岸田氏「方針日替わり、政治の信頼を心配した」 最近の菅首相に対し

[PR]

 自民党総裁選への立候補を表明している岸田文雄政調会長は4日、読売テレビの番組で、消費税について「当面は触ることは考えない」と述べ、税率を維持する考えを示した。将来の財政安定には配慮が必要とする立場だが、新型コロナウイルス対応を優先し、増税には否定的な考えを示した。

 次の衆院選で消費減税を掲げる野党も多く、主要な争点となる見通し。総裁選でもコロナ対策に伴う財政出動に絡み、消費税なども論点となる可能性がある。

 番組で岸田氏は、自らが掲げる新型コロナ抑止に向けた数十兆円規模の経済対策について、国債を財源にするとの考えを示し、「今、必要とされているものについては、思い切って財政出動をしなければいけない」と説明した。一方で、「財政安定に向けての方向性はしっかり示さなければならない」とした。

 岸田氏は昨年の総裁選に立候補した際、消費増税について「社会保障と制度改革をしっかりやったうえで、必要なら考える」などと語っていた。

 一方、自らが総裁選に勝ち、首相に就任した場合について言及。「選挙に向けては国会でしっかりと所信を述べる。それをやったうえで、選挙をやらなければ国民に対して、失礼だ。人事だけやって選挙をやるというわけにはいかない」と語った。野党の代表質問も受ける考えも示した。

 また、菅義偉首相が不出馬を決断するまでの直近1週間の動きに関しては、「(総裁選前の解散や人事刷新などの)報道で知るばかりだが、方針が日替わりで変わっていく。国民から見てどう映るのか。政治の信頼という意味で心配していた」とも述べた。笹井継夫