主役は薬味、生と揚げのニンニクが食欲そそる! きじま流牛肉タタキ

岩沢志気
【動画】きじまりゅうたさんが薬味をおいしく活用するレシピを紹介。今回はニンニクを生と揚げの二種類使う「ダブルにんにく 牛肉の薬味タタキ 」
[PR]

 料理研究家きじまりゅうたさんがおいしく簡単な料理を紹介する「きじまりゅうたのおうちごはん」は今回、「薬味」をテーマに4品を紹介します。いつもは脇役の薬味が主役に躍り出ます。初回は「ダブルにんにく 牛肉の薬味タタキ」です。

 この料理の最大の特徴はニンニクを生とフライドガーリックにして焼き、タレに漬け込んだ牛肉の上にのせる点です。生のニンニクの強烈な風味と、揚げて香ばしくなった風味の両方が作用することで、肉の味わいを引き立てます。

 フライドガーリックは多めに作っておいて、色々な料理のトッピングとして活用することもできます。きじまさんは「揚げ油はいわゆるガーリックオイルとして料理にかけることにも使えます」と話します。

 肉の下に敷くタマネギもシャキシャキとした食感を楽しめ、タレを絡めてサラダ感覚で食べることができるのも特徴です。

 今回、肉はステーキ用の牛肉を使いました。厚さは1・5~2センチのものです。きじまさんは「薄いと表面だけ焼いても、中まで火が通ってしまう。だから、2センチほどの厚さがあると、表面だけ焼けて、中はレアみたいになります」と語ります。

 また、牛肉をタレに漬け込む際に袋を使います。材料を袋に入れて簡単にタレを作れます。ただ、熱い肉をそのまま入れるので、ある程度、耐熱性のあるものを用意してください。(岩沢志気)

材料(2人分)

牛ステーキ用(1・5~2cmの厚さ):200g

ニンニク:3片

タマネギ:1/2個

カイワレ:1パック

サラダ油:大さじ1

【A】

しょうゆ:大さじ3

みりん:大さじ1

酢:大さじ1

わさび:小さじ1/2

作り方※詳しくは動画で

①牛肉を室温に戻す

②ニンニクは薄切りにして水にさらす。タマネギは繊維と平行にごく薄切りにして水にさらす。カイワレは2cmの長さに切る

③牛肉を筋切りする

④耐熱袋にAをいれておく

⑤フライパンにニンニクの半量と油をいれて火にかける。きつね色になったら取り出す

⑥空いたフライパンで牛肉を2分ほど焼き、裏返して1分ほど焼いて取り出し、袋に入れる

⑦袋の空気を抜いて、氷水に浸して急冷する

⑧肉が冷えたら、牛肉を薄くそぎ切りにする。器にタマネギとカイワレを敷き牛肉を並べ、生にんにくと揚げニンニクを載せる。残ったタレをかける

きじまりゅうたさんの略歴

 きじま・りゅうた 祖母で料理研究家の村上昭子さん、母で料理研究家の杵島直美さんから多彩な家庭料理を学ぶ。子育て世代に響くアイデアメニューが雑誌や料理サイトで人気。「きょうの料理」「キユーピー3分クッキング」にも出演中。1981年生まれ。「NHK きじまりゅうたの小腹すいてませんか? パパッとレシピ」(宝島社)「きょうも明日も炒めもの」(学研プラス)など著書多数。