「2人は対等」を結婚式で表現してみたら…戦いの連続でした

有料会員記事

小林未来、田中聡子、前田朱莉亜、山本奈朱香
[PR]

 結婚にまつわるモヤモヤ、話してみませんか。アンケートで呼びかけると、結納など従来のしきたりや結婚式の定番の演出に違和感がある、という声が寄せられました。ただ、変化も生まれているようです。2人は対等であることを表現した結婚式を挙げた人、結婚情報サービス「ゼクシィ」編集長、結婚相談所「マリーミー」代表に聞きました。小林未来、田中聡子、前田朱莉亜、山本奈朱香

「事前の打ち合わせで、式場のプランナーが固まった」 立命館大学助教 横田祐美子さん

 2人が対等であることをできる限り表現した結婚式を、2019年に京都府内のホテルで挙げました。従来の「しきたり」にのっとった結婚式の演出はしたくなかったので、夫と話し合って決めました。

 その道のりは戦いの連続でした。

 事前の打ち合わせで「全ての…

この記事は有料会員記事です。残り5035文字有料会員になると続きをお読みいただけます。