大谷翔平9勝目 ベーブ・ルース以来の「2桁勝利&2桁HR」に王手

有料会員記事

アナハイム=井上翔太
[PR]

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦に、「2番・投手」で先発登板。7回で今季最多の117球を投げて、2失点。自身8連勝で9勝目を手にし、1918年のベーブ・ルース以来となる「1シーズンでの2桁勝利と2桁本塁打」の到達に、王手をかけた。

 伝説の名選手、ルースはレッドソックスに所属していた同年、投手として13勝(7敗)をマークし、11本塁打を放っている。投打の「二刀流」を続けている今季の大谷は、ここまで大リーグトップの42本塁打。この日は、4打数無安打だった。

球場内では「MVPコール」も

 1点を勝ち越した後の七回2…

この記事は有料会員記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。