高校は「帰宅部」から金メダリストに パラバドミントンの里見紗李奈

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

 里見紗李奈(さりな)(車いすWH1)に昨年、五輪やパラリンピックで印象に残っている場面があるかと、尋ねたことがある。「全部わからない。4年前はどこでやったんですか?」と、質問を返された。パラバドミントンに出会うまで、スポーツに興味は無かった。

 中学時代にバドミントン部に所属はしていた。「ただ入っていただけで、しっかりやっていたかというと……。全然強くもなかった」。高校は帰宅部。「(ファミリーレストランの)ガストのバイトがめっちゃ楽しくて、その思い出しかない」

 高校3年の2016年5月、交通事故で両足が不自由になった。「プライドもあったし、同情されたくなくて、車いすになったのも隠していた」。知り合いに会うのを恐れ、家にこもった。

 そんな姿を見た父親が17年…

この記事は有料会員記事です。残り645文字有料会員になると続きをお読みいただけます。