小澤征爾とはいわば「きょうだい」 デュトワはリハを「作品」にした

有料会員記事

編集委員・吉田純子
[PR]

 リハーサルそのものが、すでにひとつの芸術作品だった。

 コロナの影響で中止になった「セイジ・オザワ松本フェスティバル」のサイトウ・キネン・オーケストラ公演が9月3日、無観客で演奏・配信されるにあたり、前日のシャルル・デュトワによる最終リハーサルがメディアに公開された。

 指揮者の中で培われていた音楽が、どのように身体を通じて放射され、楽員たちに伝わり、鮮やかな音色となってはじけるのか。現代最高の解像度の映像で伝えられているかのようで、一瞬一瞬に心が躍った。

9月5日午後3時から同公演の再配信がある。無料。https://www.youtube.com/watch?v=I1FXo3Lptj4別ウインドウで開きます 秋に有料配信を予定している。

指揮台を置かず、前後左右、自在に

 この日はリハーサルの3日目。指揮者によってはさっと通すだけにとどめ、ハイ、いいですね、明日はよろしくお願いします、となることも少なくない。

記事後半では、デュトワが語る「小澤征爾との共通点」なども紹介しています。

 しかし、デュトワは休憩時間…

この記事は有料会員記事です。残り2287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら