大統領のワクチン記録だだ漏れに ひそかに3回接種?疑いの目も

有料会員記事新型コロナウイルス

半田尚子
[PR]

 インドネシアジョコ大統領新型コロナウイルスワクチン接種証明書の画像がネット上に流出し、騒ぎになっている。国内で医療従事者だけに認められている3回目の接種を受けた可能性が発覚したからだ。ブディ保健相は3日、記者会見し、証明書が大統領本人のものであると認めた。

 現地メディアなどによると、証明書は利用者の新型コロナ関連データの管理を目的とする政府提供のアプリへの不正アクセスによって流出したとみられる。証明書には大統領の名前のほか、生年月日、ワクチンの種類や接種日、住民登録番号などが記載されている。

 流出画像のうち注目を集めているのが、証明書の一覧表示画面のスクリーンショット。1、2回目に加え、「3回目」の欄が表示されていた。ツイッターなどでは「この表示が出るということは接種予定が入ったということだ」「大統領は3回目の接種を終えたようだ」などと批判的な投稿が相次いだ。

 首都ジャカルタの20代の女…

この記事は有料会員記事です。残り411文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]