秋の味覚「糸もずく」の手摘み漁 宗谷漁協

奈良山雅俊
[PR]

 北海道稚内市宗谷岬周辺の浅瀬で特産の「糸もずく」の手摘み漁が始まった。スギモクという海藻に胞子が付着して成長したもので、ねばりが強く、シャキシャキとした食感が特徴。今年の漁は2日に解禁された。4日朝も漁業者らは箱めがねで海中をのぞきながら丁寧に採っていた。

 宗谷岬から富磯地区にかけては100メートル以上続く遠浅で格好の漁場だが、海が荒れる日も少なくなく、数日しか漁ができない年もある。採取は1日1時間に限られており、地元にとっても希少な秋の味覚だ。

 宗谷漁協は冷凍にしたものを10月から販売している。みそ汁や酢の物ラーメンの具、天ぷらなどにする。問い合わせは漁協購買部(0120・492・147)へ。(奈良山雅俊)