鬼気迫り、たどり着いた頂点 国枝慎吾「オレは最強だ!」

有料会員記事

稲垣康介
[PR]

 鬼気迫る。怒気を含む。国枝慎吾は今大会、そんな顔が目立った。コートで相手をにらみつける。ふだんの4大大会より怖かった。

 パラリンピックまで2カ月を切った7月のウィンブルドン選手権で初戦敗退した。「パラは大丈夫か?」と試合後の会見で聞いた。

 「今年は結果も内容も良くない。グワッと相手をたたきつぶすんだ、みたいな気持ちが最初から最後まで持続しないとやられる」

 磨き上げた技術面をいじる猶…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。