バドミントン女子、里見・山崎が金メダル 車いす、中国ペアを破る

[PR]

 東京パラリンピック最終日の5日、バドミントン女子ダブルス(車いす)で里見紗李奈(23)、山崎悠麻(33)=いずれもNTT都市開発=のペアが金メダルを獲得した。決勝で中国ペアを破った。

 バドミントンは今大会で初めて採用された。2019年の世界選手権では、里見、山崎ペアは3位。その後の国際大会で好成績を収め、今大会を第1シードで迎えていた。