病床確保「法改正も念頭に、国の責任はっきり」 岸田文雄前政調会長

[PR]

 自民党総裁選への立候補を表明している岸田文雄政調会長は5日のフジテレビの報道番組で、新型コロナウイルス対策で患者の病床確保をするため、「法改正もしっかり念頭におきながら、国の責任、国のリーダーシップをはっきりさせなければいけない」と述べた。

 コロナ対策では、医療体制の強化が求められてきた。政府は感染症法を改正し、医療機関に病床確保や宿泊療養施設などへの医師や看護師の派遣を要請している。岸田氏は「現状は要請が行われ、駄目なら指示になる。そこまで。更に強い対応力が必要かどうか、ここは法改正の必要性をしっかり考えるべきだと思う」と話した。

 一方で、「いまやれること、やれるべきことをしっかりやる。これがまず第一です」とも話した。国公立病院の重点病院化を進めながら、地域医師会をはじめとする民間の医療関係者への協力を促す流れを作ることの重要性も語った。神沢和敬

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]