• アピタル

茨城県知事選、現職の大井川和彦氏が再選 コロナ対策の実績訴える

[PR]

 茨城県知事選は5日投開票され、無所属で現職の大井川和彦氏(57)=自民、公明、国民民主推薦=が、無所属で新顔の茨城大名誉教授、田中重博氏(74)=共産推薦=を破り、再選を果たした。投票率は35・02%(前回43・48%)だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言下での選挙戦となり、大井川氏はコロナ対策で、感染状況を四つのステージに分けた県独自の指針を策定した実績を強調。検査体制の拡充や、人口減少が進む県北部の振興策などを公約に掲げた。連合茨城、県農政連など各種団体から推薦を得て、組織票を固めた。田中氏は日本原子力発電東海第二原発の再稼働反対を掲げたが、及ばなかった。