冠水した道に突っ込んだ車…目撃した3人、窓から女性を引っ張り出す

吉住琢二
[PR]

 三重県警名張署は、大雨で冠水した道路に取り残された車から女性を救助したとして、市内の男性3人に感謝状を贈った。

 3人は同市桔梗が丘2番町の原山直樹さん(34)と、同市百合が丘東1番町の小林緩士(ひろと)さん(20)、稜河(りょうが)さん(18)の兄弟。

 署によると、7月12日昼ごろ、同市蔵持町里の市道のアンダーパスが冠水し、そこに市内の70代女性が運転する車が突っ込んで動けなくなった。近くの職場からその様子を見た原山さんは110番通報をしてから現場に走った。車で近くを通りかかった小林さん兄弟も協力。3人は腰まで水につかりながら、開いていた助手席側の窓から女性を引っ張り出したという。

 8月16日にあった贈呈式で樋口弘道名張署長から感謝状を渡された原山さんは「阪神大震災の時に人に助けてもらった経験から、困った人を助けようと常に思っている」。小林さん兄弟は「無事で良かった。水の怖さを改めて知った」と話していた。(吉住琢二)