車いすバスケ、王者追い詰めた日本 「世界に通用することを証明」

有料会員記事

藤田絢子
[PR]

(5日、車いすバスケットボール男子決勝 アメリカ64-60日本)

 試合は最後までもつれた。敗れはしたものの、日本は、前回覇者の米国を追い詰めた。

 「10、9、8……」。バスケットボールでは攻撃権をもったら、24秒以内にシュートを打たなければならない。米国ベンチから、日本の圧力でゴールに近寄れない選手に制限時間を告げる声が何度もとんだ。

 第3クオーター(Q)残り約4分で、じらされた米国がシュートを外した。リバウンドを奪ったのは日本。22歳の鳥海連志が素早くゴール前に抜け出し、レイアップシュートを決めて41―39。パワーや背丈のある海外勢に勝つため、守備で相手のプレーを封じ、素早く攻撃に転じる戦術を磨いてきた成果が出た。

 第4Q残り約5分まで日本は…

この記事は有料会員記事です。残り538文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら