「ルパン、あばよ」次元役、小林清志さん交代 後任は大塚明夫さん

有料会員記事

小原篤
[PR]

 10月9日深夜から日本テレビなどで放送が始まる「ルパン三世」最新テレビシリーズ「ルパン三世 PART6」で、次元大介役の声優が小林清志さん(88)から大塚明夫さん(61)に交代する。9月7日、アニメを制作するトムス・エンタテインメントが発表した。

 小林さんは1971年の最初のテレビアニメからただ一人、50年続くシリーズでレギュラーを務め続けてきた。「PART6」初回の「EPISODE0―時代―」がテレビシリーズ最後の出演となる。次元が主役で、監獄の中で人生を振り返るストーリーという。大塚さんは2回目放送の「シャーロック・ホームズ登場」から次元役を務める。

 次元は原作者モンキー・パンチさんが米俳優ジェームズ・コバーンをイメージして造形したキャラクターで、小林さんが映画「荒野の七人」の吹き替えでコバーンを担当していたことから次元役に起用された。主なアニメ出演作はほかに「大魔王シャザーン」シャザーン役、「妖怪人間ベム」ベム役がある。

 小林さんは所属事務所を通じ「俺にとって一生ものの仕事であった。命をかけてきた。わがままを言えば90歳までやっていたかったが残念」「ルパン。俺はそろそろずらかるぜ。あばよ」とコメントを寄せた。

 大塚さんは、「ルパン三世」最初のシリーズで五ェ門を演じた大塚周夫さんの長男。主な出演作はアニメ「攻殻機動隊」シリーズのバトー役、ゲーム「メタルギアソリッド」シリーズのスネーク役などがある。小林さんへの返答という形で大塚さんも「身が引き締まりました。バトン、受け取らせていただきます!」とコメントを発表した。小原篤

〈小林清志さんコメント〉全文

 ルパンは俺にとって一生もの…

この記事は有料会員記事です。残り810文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら