ビートたけしさんの車襲撃、容疑者は組関係者「弟子入り志願無視」

[PR]

 東京都港区のTBS敷地内でタレントで映画監督のビートたけし(本名・北野武)さん(74)が乗った車が襲われた事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された40代後半の男が、指定暴力団住吉会系の組関係者であることが捜査関係者への取材でわかった。事件に暴力団が絡んだ形跡はなく、組織性も確認できないという。

 男は警視庁の調べに「6月下旬に土下座して弟子入りを頼んだが無視され、根に持っていた」と話しているが、説明につじつまの合わない点もあるという。同庁は、男がたけしさんを一方的に恨んでいたとみており、器物損壊の疑いでも調べている。

 事件が起きたのは4日午後11時40分ごろ。赤坂署によると、たけしさんを乗せた車がTBSの敷地内を走行中、男が突然車に襲いかかった。男は「たけし出てこい」などと叫びながら、急停車した車のフロントガラスや窓ガラスをつるはしで何度もたたいた。たけしさんと運転手は無事で、男は駆けつけた警察官に小刀を不法に持っていたとする銃刀法違反容疑で逮捕された。

 たけしさんはこの日、午後10時から生放送された同局の番組に出演していた。局を後にする際に被害に遭ったとみられる。