マンション「管理拒否」増加 前代未聞のはずが 管理会社の事情は

有料会員記事東京インサイド

片田貴也
[PR]

 マンションの清掃や資金管理などを委託していた管理会社から管理を断られるケースが、都市部のマンションを中心に増えています。新たな管理会社を探すのも難しく、見つからなければ「管理不全」にも陥りかねません。

 背景には、マンション管理を巡る近年のある事情があるようです。

 今、現場で何か起きているのでしょうか。

築43年「うまみ」なくなった?

 「会社の事情もあり、もう契約の更新はできません」

 昨年1月、川崎市内にあるマンションの管理組合の理事長の男性は、管理会社の担当者にこう言われた。5年ほど前から契約しており、「青天のへきれき。かなりショックだった」と話す。

 更新拒否の理由について理事長は、築43年と古く、管理会社にとって「うまみ」がなくなったためではないか、とみる。

記事の後半で、管理拒否が増えている理由を詳しくご紹介します。背景には、近年できたとある法律の存在も。体験やご意見などは、メール dkh@asahi.comメールする まで。

 このマンションの管理組合で…

この記事は有料会員記事です。残り1851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]