白鵬ら宮城野部屋の全力士18人休場へ 所属部屋で複数のコロナ感染

[PR]

 大相撲の横綱白鵬が所属する宮城野部屋新型コロナウイルスの感染者が続けて確認され、日本相撲協会は6日、宮城野部屋に所属する白鵬含めた全力士18人が12日初日の秋場所(東京・国技館)を休場すると発表した。

 協会によると、宮城野部屋では今月1日までに十両力士1人の感染が明らかになり、この日までに、さらに幕下以下の1人の感染が確認された。2人とも部屋に住み込み、白鵬らを含めた稽古に参加していた。

 宮城野部屋は、幕内石浦や十両炎鵬も所属する。今年1月の初場所前には白鵬が感染し、所属力士全員が休場した。

 白鵬は進退をかけた7月の名古屋場所で、45度目の優勝を果たしていた。