「ただ瑛大に会いたい」猪苗代湖ボート事故から1年、遺族が献花

飯島啓史
[PR]

 【福島】昨年9月、会津若松市の猪苗代湖で男児ら3人がモーターボートに巻き込まれて死傷した事故は、未解決のまま6日で発生から1年を迎えた。亡くなった男児の両親らが現場を訪れて献花し、「一日も早く犯人を特定してほしい」とつらい胸の内を語った。

 事故で亡くなったのは、千葉県野田市から家族で遊びにきていた小学3年の豊田瑛大さん(当時8)。この日、両親ら親族9人が猪苗代湖西岸の現場近くを訪れ、瑛大さんの好きだったお菓子やぬいぐるみを献花台に供えた。事故が発生した午前11時ごろには一分間の黙禱(もくとう)をした。

 取材に応じた父親は「当時を思い出し、悲しさと悔しさ、申し訳なさを強く思う」と声を詰まらせた。自身も事故で両足を失った母親は「寂しくしていないかな。いつかまた会えるからね」と、瑛大さんに語りかけるようにつづった手紙を供えたという。

 県警は業務上過失致死傷の疑いで捜査しているが、まだ容疑者を特定できていない。父親は「1年たっても解決せず非常に悔しい。犯人には自分から申し出てもらいたい」と訴えた。(飯島啓史)