自民・甘利氏「菅、二階の負のイメージが国民に定着」

[PR]

 自民党甘利明税調会長は6日夜、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、菅義偉首相が党総裁選の不出馬に追い込まれたことについて、二階俊博幹事長の名前を挙げて「二階さんとのコンビ。菅、二階というイメージが国民の間に負のイメージで定着し、それをどうしてもはねのけられなかった」と指摘した。

 甘利氏は番組で、菅首相が衆院を解散し、総裁選を先送りするとの観測が出た際、「(衆院選で)玉砕することになる」として、首相に「やめた方がいい」と伝えたと明かした。

 また、総裁選の対応について、甘利氏は、出馬の意向を固めている河野太郎行政改革相と同じ麻生派に所属するが、岸田文雄政調会長に言及し、「誰の言うことにも真摯(しんし)に耳を傾けるっていう姿勢の政治家としては、党内きっての人だ」と評価。「岸田さんにシンパシーを感じている」とし、「事情が許せば応援してあげたい」と述べた。中田絢子