飲酒運転して事故、教員を停職6カ月 同乗していた教員2人も処分

平賀拓史 小野智美
[PR]

 酒気帯び運転で事故を起こし、書類送検された教員3人について、栃木県教育委員会は6日、酒気帯びで運転した那須塩原市立大原間小の男性講師(27)を停職6カ月、同乗していた同小の女性講師(24)と同市立黒磯北中の男性教諭(28)も停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。3人は同日付で依願退職した。

 義務教育課によると、3人は7月10日午後9時ごろから、大田原市内の飲食店で友人1人を加えた4人で飲酒。午後10時半ごろ、男性講師の運転で400メートルほど離れた別の飲食店まで幹線道路を移動した。バックで駐車しようとした際、後ろに止まっていた別の車に衝突した。

 県教委の聴取に対し、男性講師はビールとハイボール計6杯程度を飲み、「近い距離なら大丈夫だろうと思った」と話しているという。

 衝突された車の人が警察に通報し、酒気帯び運転が明らかになった。県警は男性講師を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑い、他3人を同法違反(酒気帯び運転同乗)の疑いで宇都宮地検大田原支部に書類送検した。

 事故後、男性教諭と女性講師が現場から立ち去っていた事実も明らかになった。男性教諭は「この先どうなるんだろうと怖くなって現場を離れた」、女性講師は「男性教諭らを探しに行って、そのまま自宅に戻ってしまった」と説明しているという。

 大高栄男課長は「信用を著しく損ねるもので重くとらえている。コロナ禍で学校が対応に追われている状況で、飲み会という行為自体も問題があった」と謝罪した。(平賀拓史)

那須塩原市教委課長が説明

 教員が懲戒処分になった那須塩原市の市立大原間小(海老澤康雄校長)と黒磯北中(益子泰志校長)。市教委によると、両校では6日夜、保護者説明会を開いて事件の概略と今後の対応について説明したという。

 大原間小の講師2人は特別支援学級と3年の担任、黒磯北中は保健体育科教諭で1年の担任だった。3人が依願退職したため、別の教員が担任をするという。

 6日夜、取材に応じた市教委学校教育課の田崎建文課長は「教職員が今回の事故を起こしたことは言語道断であり、極めて遺憾。服務の厳正、綱紀の保持を徹底する」と教育長のコメントを読み上げた。

 どう徹底するかについて問うと、田崎課長は「校長が今までもやっているが、職員にきちっと向き合って一人ひとりの対話を大事にする」と説明。何が足りなかったのかの問いには、「何が足りなかったんだろう。残念でならないんです。正直言ってわかりません」と語った。(小野智美)