• アピタル

「密」フェス14人クラスター感染、いずれも参加者ら 愛知県が確認

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス感染対策が不十分な野外音楽フェスティバルが中部空港島(愛知県常滑市)で開かれた問題で、県は7日、14人の感染を確認しクラスター(感染者集団)に認定した。14人はいずれもフェス参加者らという。

 このほかにフェス参加者には県と名古屋市が8日まで無料PCR検査を実施。7日午後1時までに計1025件の申し込みがあり、すでに2件の感染が判明しているが、この日新たな陽性者は確認されなかった。

 愛知県では7日、1218人の感染を確認。21日連続で1千人を超えた。名古屋市の学習塾で24人、常滑市の障害者施設で11人のクラスターが発生した。塾での確認は県内で初めて。

 県全体の新規感染者は減少傾向に転じてきたが、医療体制は厳しい状況だ。入院患者は1日で13人増え1055人(病床使用率64・8%)となり、過去最多だった5月24日(1042人)を更新。重症者も6人増え94人(同55・3%)となり、最多(103人)に迫る。重症者の内訳は、10代1人、30代5人、40代22人、50代39人、60代14人、70代8人、80代3人、90代2人で、40~60代の増加が目立つ。自宅療養者は114人増え、1万9129人となった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]