ラリージャパン、今年も中止 コロナ下で2年連続

[PR]

 愛知、岐阜両県で11月に予定されていた、自動車の世界ラリー選手権(WRC)の今季最終戦「ラリージャパン」の中止が決まった。実行委員会が7日、発表した。新型コロナウイルス感染が広がっていることを受け、判断したという。

 ラリージャパンは、国内で10年ぶりに開催される予定だった昨年の大会も、新型コロナの影響で中止した。今年は、11月11日に名古屋市でスタートの式典、12~14日に愛知県岡崎市や同県豊田市岐阜県恵那市などで競技が予定されていた。2022年も開催の申請をしているという。

 WRCには、トヨタ勢もヤリスWRCで参戦。トヨタの若手育成活動「チャレンジプログラム」で参戦する勝田貴元選手は、今年6月にケニアであった大会で2位に輝いた。日本人ドライバーとして27年ぶりに表彰台に上がる快挙だった。

 岐阜県恵那市の小坂喬峰市長は「本市で開催されることを心待ちにしていた。開催断念の発表は誠に断念だが、多くの皆さんの健康と安全を最優先に考えた苦渋の決断であると思う。来年こそは多くの皆様をお招きして開催できることを願い、地域活性化につながる取り組みを進めていく」と文書でコメントを発表した。