麻生財務相、コロナは「まがりなりに収束」と発言 菅首相退陣を尊重

[PR]

 菅義偉首相自民党総裁選への不出馬を決めたことについて、麻生太郎財務相は7日の閣議後会見で、「(新型コロナウイルスの感染拡大は)まがりなりに収束して国際社会の中での評価は極めて高いと思う。まっとうしたという思いがおありになるのは確かだ」と話した。新型コロナの重症者数は6日時点で2千人を超えており、野党からは批判の声が上がった。

 麻生氏は新型コロナの東京都の新規感染者数が6日の発表で1千人を下回ったことに触れて発言。「コロナが途中だという話もありますので、お医者さんに聞くとウイルスの話でゼロになるなんてない、必ずありますからという話だった」とも話した。菅首相が立候補しないと決めた判断については「尊重すべき判断だったと僕は思います」とした。

 立憲民主党福山哲郎幹事長は記者会見で「驚いた。感染者は若干減少傾向だが、医療は非常に逼迫(ひっぱく)している。さすがに認識を改めてほしい」と批判した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]