【解説】憲法53条の国会召集要求、内閣に応じない裁量の余地ある?

有料会員記事

編集委員・豊秀一
[PR]

 憲法53条後段にもとづき、野党4党が、臨時国会の召集を求める要求書を出してから1カ月半以上たつ。だが、菅義偉政権はいまだに臨時国会を開いていない。自民党総裁選をめぐる大量のニュースに埋もれかねないが、53条に基づく要求に対する政権の対応は、総裁選や衆院選でも議論されるべき重要なテーマだ。憲法を専門とする編集委員が経緯や論点を整理した。

 日本国憲法53条にはこう書かれている。「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」

 「決定しなければならない」と書かれているのに、内閣が召集を決定しなければ、どんな結果が待っているのか。実は先行して裁判になった例がある。判決もすでに出ている。

 「内閣が臨時国会の召集義務…

この記事は有料会員記事です。残り2513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。