セイウチ、昨年誕生の3頭目も死亡 鳥羽水族館「飼育技術向上励む」

臼井昭仁
[PR]

 鳥羽水族館三重県鳥羽市)は7日、昨年6月に生まれたセイウチの「テン」(オス)が6日に死んだと発表した。病理検査などで詳しい死因を調べる。

 同館によると、テンはポウ(オス)とクウ(メス)の間に生まれ、人工哺育を受けていた。死ぬ直前の体長は147センチ、体重は129キロ。

 ポウとクウの間には2016年と18年に赤ちゃんが生まれたが、ともにすぐに死んでいた。テンは3頭目の子どもだった。

 同館で飼育しているセイウチは計3頭になった。広報担当者は「飼育技術の向上に励み、次の繁殖につなげたい」と話している。(臼井昭仁)