内戦を越え歌う「ヒロシマ」 平和のサルサ、核禁止条約批准の国から

有料会員記事核といのちを考える

岡田将平
[PR]

 今年1月に発効した核兵器禁止条約に日本は参加していない。一方で、中南米、太平洋、アフリカ、アジアなどの55の国と地域が条約に同意する「批准」をしている。日本ではなじみのない国もあるが、広島と無縁ではない国も多い。

 平和記念公園の西400メートルほどにあるマンションの一室。エルサルバドル出身の音楽家、アルバル・カスティージョさん(61)がピアノに向かった。優しく力強いメロディーに乗せ、スペイン語で歌う。

 ♪Hiroshima, hoy amanecí cantando(ひろしま 今朝は歌いながら目覚めた)

 カスティージョさんがつくった「ヒロシマ」という曲だ。

ゲリラのためにうたった歌、いまは「お好み焼き」の曲も

 2006年から広島で暮らし…

この記事は有料会員記事です。残り1159文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]