前衛ファッション「ニシナリヨシオ」って? おばちゃんの遊び心開花

有料会員記事

小若理恵
写真・図版
「kioku手芸館『たんす』」に集まり手を動かす女性たちとスタッフ=大阪市西成区山王1丁目、小若理恵撮影
[PR]

 美術家の西尾美也(にしおよしなり)さん(39)=奈良県立大准教授=が大阪市西成区で手がけるファッションブランド「NISHINARI YOSHIO(ニシナリヨシオ)」。元タンス店だった空き店舗を生かした「kioku手芸館『たんす』」に集う地域の高齢女性たちの発想が、前衛的なシャツやジャケットになった。手芸の得意な女性たちの居場所にもなっている。

写真・図版
元タンス店の空き店舗を活用した「kioku手芸館『たんす』」(中央)。はがれかけの店名も味わい深い=大阪市西成区山王1丁目、小若理恵撮影

 細い路地に古い木造家屋が軒を連ねる西成区山王地区。「たんす」は、かつて「鈴木タンス店」だった場所にある。毎週水曜と土曜の午後、近くに暮らす女性たちがやってきて、色とりどりの布でアクセサリーを作ったり、毛糸をほどいたりして手を動かす。

写真・図版
女性たちが作った色とりどりのアクセサリー=大阪市西成区山王1丁目、小若理恵撮影

 「ここに来るのは生きがいや…

この記事は有料会員記事です。残り1082文字有料会員になると続きをお読みいただけます。