岸田氏ツイッターに厚労省「当面、複数大臣制」投稿 すぐに削除

[PR]

 自民党総裁選に立候補を表明している岸田文雄政調会長は6日、自身のツイッターで「(厚生労働省の体制は)当面は複数大臣制とし、その上で、他省庁との統合や分割についても検討していく」などと投稿した。だが、直後にこの投稿を削除した。

 削除する前の投稿では「社会課題の複雑化により既存の厚生労働省の体制では対応しきれない状態となっている」と指摘。人員増強や業務見直しとともに、当面は複数大臣制を採用することで「ガバナンス強化と意思決定の迅速化をはかる」とした。さらに、他省庁との統合、分割にも踏み込んだ。

 ただ、この投稿はすぐに削除され、「公衆衛生上の危機発生時に国・地方を通じた強い指揮権限を有する『健康危機管理庁(仮称)』を設置し、今回のような危機にも対応できる行政組織を作っていく」と組織改革に関する別の話題がツイートされた。そこでは、「複数大臣制」や「他省庁との統合や分割」には触れられていない。

 岸田派関係者は「手続き上のミスで、関係者が生煮えのまま投稿してしまった」と説明している。笹井継夫