芋煮会「今年だけはなんとか我慢して」 山形知事、会見で呼びかけ

新型コロナウイルス

鷲田智憲
[PR]

 秋の河川敷などで行う山形の風物詩「芋煮会」について、山形県吉村美栄子知事は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて「大丈夫ということは申し上げられない」と慎重な姿勢を示した。

 定例記者会見で、河川敷での芋煮会の実施について問われ、答えた。

 変異株の猛威もあって、県内では8月だけで約1千人の感染を確認。屋外での飲食による感染事例もあるという。吉村知事は「屋外でも大人数での会食や普段会わない人との会食、またマスクを外した会話は感染リスクが高くなる」と強調。「今年だけはなんとか我慢して、家族など普段から一緒にいる人と少人数、短時間で行い、会話をする際はマスクを着用して感染防止対策を徹底してほしい」と呼びかけた。

 秋田県では8月下旬、県が管理する河川敷などで当分の間、バーベキューなど飲酒を伴う大人数での飲食を禁止することを決めた。(鷲田智憲)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]