デジタル化「重要なのは信頼」 平井大臣と会談したフィンランド閣僚

有料会員記事

藤えりか
写真・図版
取材に答えるフィンランドのビッレ・スキンナリ開発協力・外国貿易相=東京都港区の在日フィンランド大使館、藤えりか撮影
[PR]

 デジタル庁が発足した直後に来日したフィンランドのビッレ・スキンナリ開発協力・外国貿易相(47)が4日、朝日新聞の取材に応じた。コロナ禍で遅れがあらわになった日本のデジタル化について、「最も重要なのは(政府に対する)信頼」と強調したうえで、デジタル分野での日本との連携に意欲を示した。

 フィンランドは「欧州で最もデジタル化した国」と呼ばれ、欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会が発表する「デジタル経済社会指数」(DESI)で加盟国と英国の計28カ国中、2年連続で1位。そのうち、公共サービスの評価は年々上がっている。

 スキンナリ氏は3日、平井卓也デジタル改革相らと会談。日本のマイナンバーに相当する個人識別番号(ID)の普及状況や、同国で進む公共サービスのデジタル化について説明したうえで、日本のデジタル化に向け緊密に連携する意向を伝えたという。

 スキンナリ氏は「電子IDで…

この記事は有料会員記事です。残り1779文字有料会員になると続きをお読みいただけます。