メッシもネイマールも着る!DIORがパリSGのワードローブ製作

ファッション

編集委員・後藤洋平
[PR]

 パリ・コレクションを代表するブランド、ディオールが、サッカーのフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン(SG)の選手がグラウンド外で着用する「オフィシャルワードローブ」を手がけると発表した。2021~21年シーズンと22~23年シーズンの2年契約だという。

 パリSGにはブラジル代表のFWネイマールらが所属する強豪。今年8月にはスペイン1部バルセロナからアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが加入し、今季最も話題になっているチームだ。

写真・図版
(左から)GKジャンルイジ・ドンナルンマ、FWネイマール、MFマルコ・ヴェッラッティ、DFアブドゥ・ディアロ、MFレアンドロ・パレデス、DFセルヒオ・ラモス(ブランド提供)

 ワードローブのデザインを手がけたのは、ディオールのメンズ部門デザイナー、キム・ジョーンズ。フォーマルとカジュアルの両方のルックを用意した。

 ブランドによると、フォーマルルックはカシミヤのコートからセットアップのジャケットとパンツ、シャツ、シューズまでをラインアップ。カジュアルルックではパリSGのロゴがあしらわれたジャケットやニット、ポロシャツなどをそろえた。

 ディオールは1946年にパリで創業。パリ・コレクション参加ブランドの中でも最高級で知られているブランドで、スポーツチームにワードローブを提供するのは今回が初めてだという。(編集委員・後藤洋平

写真・図版
ディオールがパリ・サンジェルマンのために制作したオフィシャルワードローブのスケッチ(ブランド提供)