「勝手にやりなよ、ユー」ジャニーズ25年、屋良朝幸の反骨心と舞台

有料会員記事

田部愛
[PR]

 「じゃあ勝手にやりなよ、ユー」

 故ジャニー喜多川氏にそう言わせたほどの、強い意思と反骨心。ジャニーズ事務所に入所して25年、自分の道を突き進んできた屋良朝幸は、いま無二の存在として輝いている。

 1995年、滝沢秀明今井翼と同じ日に、事務所に入所した。ダンスにはまり、アイドルの枠にとどまらず、技術を高めたくて街へ。ビルのガラスの前でストリートの仲間たちと踊り、クラブを訪れるなど、アンダーグラウンドの世界に浸った。「そういう『におい』をどうにかジャニーズに持ち込めないか。『俺はこれがやりたいから仕方ない』と、良くも悪くも自分を曲げなかった」

 9月から上演が始まるミュー…

この記事は有料会員記事です。残り760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!