北方四島の洋上慰霊、北海道が見送り発表 コロナの感染状況厳しく

新型コロナウイルス

松尾一郎、大野正美
[PR]

 北海道は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で2年連続中止された北方四島との「ビザなし渡航」事業の事実上の代替措置として検討が続いていた船舶による洋上慰霊について、見送ることを発表した。

 洋上慰霊は、日本側と四島側がビザなし渡航の日程などの調整に入れない中、千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)が今年春に道に対して要望したもの。日本側海域で交流船「えとぴりか」船上からの慰霊ができないか模索していた。

 千島連盟も内部で自前の洋上慰霊を検討していたが、8月下旬に感染状況が厳しいとして見送りを決めていた。道も今回、同様の理由で中止を決定し、8日の道議会北方領土対策特別委員会で報告した。松尾一郎、大野正美)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]