犬の救助要請に海保が奮闘 「大丈夫?」と震える犬を抱き上げた

高絢実
【動画】河口に取り残された犬を名古屋海上保安部が救助
[PR]

 愛知県知多市北浜町の美濃川の河口で4日、岸壁に取り残された犬を名古屋海上保安部の乗組員らが救助し、保安部が救助の際の動画を報道陣に公開した。

 管理課によると、4日午後2時ごろ、飼い主の夫婦から「岸壁近くに犬が取り残されているので救助してほしい」と通報があった。巡視艇みやかぜの男性乗組員3人が、付属艇で現場を捜索。午後3時半ごろ、人が近づけない護岸のわずかな部分に犬がいるのを発見した。

 乗組員は犬に近づき、たも網で救助を試みたがうまくいかず、乗組員自身が抱え上げて救助。水にぬれて震える犬に「ワンちゃん、大丈夫?」などと声をかけ、なでていた。その後、犬は無事に飼い主の元に返された。犬を救助するのは珍しいという。(高絢実)