自死は仏の教えに反する? 釈尊ならどう答えるか考えた

有料会員記事

聞き手・久保智祥
[PR]

 はるか紀元前にインドで生まれた仏教。当時の死生観は現代と大きく異なっていたはずだ。仏の教えなどを記した仏典は、わたしたちの時代の死にどう答えるだろう。龍谷大学の大谷由香・特任准教授(仏教学)に聞いた。現代の自死の問題を仏典からどう考えればいいのですか。

    ◇

 「自死した故人は往生できたのでしょうか」「自死は仏教の教えに反するのでしょうか」

 自死遺族からこのような相談を受けた僧侶は、「故人は往生した」「仏教では自死は悪とは考えない」と言ってあげたいと思う一方で、自死は殺生を禁じた「不殺生」の戒律に反するのではないかと躊躇(ちゅうちょ)する、という声も聞きます。

 では、仏典では自死をどう捉えているでしょうか。

 ヒントになるのが「律蔵」で…

この記事は有料会員記事です。残り836文字有料会員になると続きをお読みいただけます。