北朝鮮が軍事パレード 建国記念日、米国を牽制し国威発揚を狙ったか

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮が9日午前0時から、首都・平壌の金日成広場で建国73年の記念日に合わせた軍事パレードを開催したと、朝鮮中央通信が報じた。軍事力の誇示で米国を牽制(けんせい)するとともに、経済難に苦しむ国内向けに国威発揚を狙ったとみられる。

 北朝鮮が軍事パレードを実施するのは、朝鮮労働党第8回党大会が行われた1月以来で、今年2回目。昨年10月にも、朝鮮労働党創建75周年に合わせて実施されている。同通信は金正恩(キムジョンウン)総書記が出席したと伝えた。パレードに登場した兵器や規模は不明だ。韓国軍関係者は「具体的なことは分析が必要」としている。

 北朝鮮は米韓合同軍事演習が行われた8月に、正恩氏の実妹の金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長が談話で「必ず代価を払うことになる自滅的な行動だ」と批判。復旧させたばかりの韓国との通信連絡線を使った連絡に再び応じなくなり、弾道ミサイル発射などの挑発行動に出る可能性も指摘される。

 ただ、韓国政府関係者は「米…

この記事は有料会員記事です。残り476文字有料会員になると続きをお読みいただけます。