実刑判決は「結論ありき、承服できない」 秋元司議員が会見

阿部峻介
[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる事件で、東京地裁から7日に懲役4年の実刑判決を受け、同日保釈された衆院議員・秋元司被告(49)が9日、東京都内で会見を開いた。判決について「秋元は悪であるという結論ありきで承服できない」と批判し、控訴審でも無罪を主張すると語った。

 収賄と組織犯罪処罰法違反(証人買収)の罪に問われた秋元議員側は公判で、議員会館での現金授受について、事務所の日程表やスマートフォンアプリの記録をもとに贈賄側と「会っていない」と訴えた。だが、判決は「日程表の記載漏れ」「アプリの正確性が不明」と退けた。

「次の衆院選出る」意向も表明

 会見に同席した弁護人の弘中惇一郎弁護士は、「日程表に記載がなければ贈賄側と会っていないということ。アプリも世界中で使われている」と判決の不当性を指摘。秋元議員も「もっと真剣に(現金授受があったとされる)当日の私の行動を検討してほしかった。高裁では先入観なしに判断してほしい」と述べた。

 次の衆院選で東京15区(江東区)から立候補する意向も示し、「もう一度審判を仰ぐなかで次の選挙の準備をしたい」と話した。(阿部峻介)