天気を味方に? 壮絶な雨の中、ベネチアで豪華絢爛ドルガバのショー

有料会員記事ファッション

ファッションジャーナリスト マスイユウ
[PR]

 ドラマチックなショーだった。イタリアの水の都ベネチアで8月末、ドミニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナの2人が手がけるドルチェ&ガッバーナのオートクチュールコレクションが開催された。レディースのアルタ・モーダとメンズのアルタ・サルトリアのフィナーレは、衝撃的だった。

写真・図版
ドメニコ・ドルチェ(右)と、ステファノ・ガッバーナ=2020年2月、イタリア・ミラノ、大原広和氏撮影

 3日間のイベントに合わせて、海外旅行解禁に飢えていた200人の顧客と、80人の報道陣が世界中から集結した。去年のフィレンツェで開催された同じイベントに比べると倍の人数だ。

 開幕を飾ったのは初公開された“カーサ”ラインだった。ドルチェの故郷シチリアから着想を得た色鮮やかな世界。一つ一つ吹きガラスで出来ている巨大なシャンデリアのもとには、ダイニングテーブルからソファ、キャビネットに至るまで、家具のフルコレクションが並ぶ。童話の一部を描いたような織物は手織り、食器一つずつ職人が手仕事で仕上げている。

 シチリアのほかに、地中海の青、そして都会生活の象徴であるゼブラと、レオパード柄、四つのストーリーを展開。家具はフェンディなど多くの高級ブランド家具を手がけるるメーカーとのパートナーシップで、イタリアのクラフトマンシップが細部にまで見られる仕上がりになっていた。11月にはミラノにカーサの店舗がオープン予定だ。

ジェイローらセレブも続々。ポストコロナへ

 アルタ・モーダの会場となっ…

この記事は有料会員記事です。残り1690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら