• アピタル

狂ったシナリオ ワクチン供給の遅れ、新学期の大学を直撃

有料会員記事

上野創 桑原紀彦
[PR]

 コロナ禍の収束の見通しが立たないなか、大学の秋学期が始まりつつある。夏休みのうちに学生へのワクチン接種を進めて、秋からは対面授業を増やす――。国や各大学はそんなシナリオを描いていたが、ワクチン供給の遅れや感染力の強いデルタ株の拡大で、授業をオンライン中心にせざるを得ない大学も目立つ。

 「対面授業を増やしていくことは時期尚早」。明治学院大は6日、秋学期(18日開始)についてホームページでそう告知し、10月半ばまで授業をオンライン中心とする方針を示した。

 感染拡大が収まらないことに加え、学生へのワクチン接種の遅れが影響した。当初は7月中に開始予定だったが、国からの供給が滞り、1回目は今月4、5日にずれ込んだ。2回目は10月2、3日の予定だ。

 2年生の男子学生は「対面は対策をしても感染リスクがある。ワクチンも1回目が終わったばかりなので(オンライン中心になって)正直ほっとした」。春から対面授業は受けていない。オンライン授業に当初感じていたストレスも今はなく、通学による時間のロスがないという利点も感じている。「大学の友だちに会いたい気持ちはあるけど、もうこのままでいい」

 法政大は今月3日、秋学期(17日開始)について「10月2日まで原則として授業はオンライン形式」と学生に通知した。実験や実習、少人数科目などの一部は対面で行う。その後は対面を増やす予定だが、状況次第という。

 学務部によると、春学期は対面を増やしており、秋学期もそれを続けるつもりだったが、デルタ株が拡大して大学生の感染者も増加。夏休み中に終わるはずだった2回目の接種が供給の遅れで9月末~10月2日にずれたことも影響し、軌道修正を余儀なくされた。

接種が早く進んだ大学は

 「学生も教員も対面を望む声…

この記事は有料会員記事です。残り1663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら