「浦和ガチャ」誕生 伊勢丹やレッズFM局、中華の名店をカプセルに

佐藤太郎
[PR]

 サッカーJ1浦和レッズファン御用達の居酒屋からランドマーク的存在のデパートまで、さいたま市浦和区を中心にした店やキャラクターのカプセルおもちゃ「浦和ガチャ」が15日に発売される。今年3月に売り出された「大宮ガチャ」の浦和版で、関係者は「浦和も第2、第3と続いていけたら」と期待している。

 販売されるのは、JR浦和駅前の「伊勢丹浦和店」「浦和パルコ」「浦和コルソ」をはじめ、浦和レッズサポーターでにぎわう「酒蔵 力(りき)」、学生たちの胃袋を満たす伝説の街中華「娘々(にゃんにゃん)」、1937年創業の老舗ウナギ店「中村家」、テレビ埼玉のキャラクター「テレ玉」、浦和レッズを応援するFMラジオ局「REDS WAVE」の8点。カプセルおもちゃを企画・販売する「ジェットワークス」(東京都)が手がける。

 3月に大宮氷川参道など8点をアクリル製キーホルダーにしてカプセルおもちゃを売り出した。この「大宮ガチャ」は発売後2日で1千個が完売するなど予想外の売り上げを見せたことからその後、第2弾を発売。今回の「浦和ガチャ」と同時に、「大宮ガチャ」の第3弾も発売する。当初から企画に関わってきた、JR大宮駅前のファッションビル「大宮アルシェ」営業運営部の佐藤成美さんは「大宮の第3弾は知る人ぞ知るというディープな世界に入ってきた。浦和バージョンも地元の人も知らないようなキャラクターを提供していけたらいい」と話している。

 「浦和ガチャ」は伊勢丹浦和店、浦和パルコ、コルソの計3カ所に、「大宮ガチャ」はアルシェ大宮、ビックカメラ大宮西口そごう店、大宮西口DOMショッピングセンター、まるまるひがしにほんの計4カ所に設置される。1個300円。問い合わせは、大宮アルシェ内の大宮ガチャ事務局(048・647・0111)。(佐藤太郎)