「誰が菅を支えてきた」怒りぶちまけた二階氏 政権は崩壊に向かった

有料記事自民党総裁選2021自民

明楽麻子、岡村夏樹
[PR]

 菅義偉首相が反転攻勢を期した人事が、政権崩壊の引き金だった。首相が自民党総裁選への立候補を断念し、事実上の退陣へと追い込まれる背景には、二階俊博幹事長の交代をめぐる首相の誤算があった。

 8月30日午後、首相官邸を訪れた自民党の二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理と向き合った首相は「人事を刷新したいと思います」と告げた。1年前、安倍晋三前首相が退陣の意向を表明して動揺する党内で、いち早く「菅支持」を打ち出した二階氏。以来、首相と二人三脚で政権内ににらみを利かせてきた。

 ただ、二階氏は前政権から5年にわたり幹事長に座り続け、その強権ぶりは党内外の強い反発も招いていた。政権失速の危機に直面した首相は、二階氏を切り自らの推進力を得ようとした。

 二階氏は首相の唐突な通告に「どうぞ遠慮せずにやってください」と二つ返事で応じた。首相は新たなポストを用意し、党本部に専用の部屋を作る考えも伝えたという。快諾を得たと受け止めた首相は「二階さんはすごい政治家だ」と周囲に安堵(あんど)の色を見せた。

「立ち止まって考えるべきだったな」

 しかし、二階氏は納得したわ…

この記事は有料記事です。残り820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2021年9月10日9時56分 投稿
    【視点】

    菅首相と二階幹事長のすれ違いを時系列で検証した記事です。読後感を言うなら、岸田さんの「二階再任拒否」の先制パンチは本当に凄かったんだなということです。確かにあのとき今年の岸田さんは違うぞと思いました。でもそれは一瞬でした。その後はいつものよ

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2021年9月9日23時53分 投稿
    【視点】

    二階氏は、政局の中をひたすら生きてきました。1993年政に小沢一郎氏とともに自民党を離党し、自自公連立政権をへてその小沢氏とたもとをわかち、政権に残って自民党に復党したのが2003年。当時、二階氏をよく取材していたのですが、「新しい波」とい