群馬・山本知事、ネット中傷の投稿者を訴訟で特定 謝罪を受け入れ

松田果穂
[PR]

 群馬県山本一太知事は、自身のツイッター投稿に誹謗(ひぼう)中傷のリプライ(返信)を繰り返した発信者の情報開示を求める訴訟を起こし、書き込んだ人物を特定して文書で謝罪を受けたことを9日の定例記者会見で明らかにした。

 山本知事によると、昨年春以降、ブログへのリンクや活動報告のツイートに「詐欺師」「馬鹿丸出し」「賄賂や不正献金のオンパレード」などのリプライが、特定のアカウントから繰り返し届いた。

 「事実無根の中傷は看過できない」として、山本知事と事務所は弁護士に相談。ツイッター社に発信者が使うIPアドレスの開示を求めた。その後、携帯電話の通信会社にアドレスの持ち主の情報を開示するよう求めて提訴した。

 東京地裁は今年4月、訴えを認め、書き込んだ人物1人の氏名や住所などの開示を命じた。発信者は文書で謝罪した。山本知事によると発信者は「ブログやツイッターの内容に不満があった」などと説明したという。アカウントは、現在は削除されているという。

 山本知事は謝罪を受け入れ、損害賠償を求める訴訟は起こさない方針。山本知事は「意見や論評の域を超えた人格攻撃そのもの。県では昨年、ネット上で中傷を受けた被害者を支援する条例をつくったこともあり、県民や加害者に、モラルやリテラシーを再認識してもらうために訴えを起こした」と話した。訴訟費用は私費で賄ったという。

 山本知事のツイッターのフォロワーは約22万3千人いる。(松田果穂)