「三重苦」見舞われる北朝鮮…軍事パレードも控えめ? 大衆鼓舞狙い

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮が建国73周年を迎えた9日午前0時から、首都・平壌の金日成広場で軍事パレードを開催した。朝鮮中央通信などが報じた。民間防衛組織などの予備戦力が中心とみられ、弾道ミサイルなどの戦略兵器は登場しなかった模様だ。対外的なメッセージより、経済難に悩む国内向けの国威発揚の狙いがあるようだ。

 北朝鮮が軍事パレードを実施するのは、朝鮮労働党第8回党大会が行われた1月以来で、今年2回目。昨年10月にも、党創建75周年に合わせて実施されている。

 同通信によると、9日の軍事パレードには金正恩(キムジョンウン)総書記が出席し、建国73周年を祝う「民間・安全武力の閲兵式」と題して実施された。労働者や農民などで組織された「労農赤衛隊」や、警察にあたる社会安全省所属の部隊などが参加した。同通信は、軍用機が上空を飛行したとも報じるが、正規軍ではなく予備戦力が中心だったとみられる。

 李日煥(リイルファン)党書記が「国家防衛の柱である人民軍を強化し、全国要塞(ようさい)化の貫徹に拍車をかけ、防衛力を向上させる」と演説したが、米韓との関係や核ミサイル開発には触れなかった。

■農民など「予備戦力」を動員…

この記事は有料会員記事です。残り783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら