木造人工衛星、2023年打ち上げ目指す 近く宇宙空間で木材試験

有料会員記事

神田明美
[PR]

 京都大学住友林業は、木材を機体に使った木造人工衛星の打ち上げを2023年に目指す。近く、宇宙空間での木材の劣化の状態を調べるため、国際宇宙ステーション(ISS)で実験をする。将来的には商業衛星に木造人工衛星の技術を売り込みたい考えだ。

 京都大学のチームによれば、木造の人工衛星が打ち上がれば世界初。今回打ち上げを目指している人工衛星は、半導体の基板はシリコンや金属、プラスチックなどでできているが、1辺10~11センチ余りの大きさの機体は木材で作る。

 高度100キロ相当の、気圧の低い環境を実験室で作り、ホオノキやヒノキ、スギなどを約3年間置いても、劣化は確認できなかった。実際に宇宙空間で受ける影響を調べる実験を今年度中に始める。硬さの異なるホオノキ、ヤマザクラ、ダケカンバの3種を、ISSの船外で半年間、宇宙空間にさらす計画だ。

 原子状酸素や宇宙線によって、木材の表面がどの程度消失するかや、強度がどう変化するかなどを評価する。

 こうした実験の背景には、宇…

この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら