香取慎吾さん、デジタルアートでパラスポーツ支援 閉幕したこの先も

有料会員記事

長谷川陽子
[PR]

 タレントの香取慎吾さんが、パラスポーツ支援のため、3900円を寄付した1万人に自身のデジタルアートを届けるチャリティー企画を6日に始めたところ、わずか1日で定員に達した。集まった寄付金の全額が、パラスポーツの競技団体を支える「日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)」に寄付される。

 香取さんは2015年、パラサポの設立に合わせ、エントランスに壁画(縦2・6メートル、横6・1メートル)を描いた。

 香取さんは7日夜に行ったSNSのライブ配信で、壁画について「パラリンピックとの出合いだった」と語り、「描けなかったんですよ。なかなか絵が描けないということがないんだけど。パラリンピックって車いすだけじゃないのに、車いすを描こうと思ってしまって(手が)止まった」と話した。

 制作のための絵の具も用意し…

この記事は有料会員記事です。残り567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら