高齢化進むタイ、工場の「ロボット化」に本腰 日本企業が売り込み

有料会員記事

バンコク=福山亜希
写真・図版
[PR]

 タイの工場では、いたるところで外国人労働者の姿を目にする。少子高齢化で働き手が減っているためだ。そこで注目されているのが、日本の産業用ロボット。コロナ下でも「3密」も関係なく働いてくれる。日系企業は使い手の人材育成も手がけ、売り込みを進めている。(バンコク=福山亜希)

ふくやま・あき 1979年生まれ。経済部を経て昨年からアジア総局員。クーデターに揺れるミャンマーも担当。

 タイ有数の観光地パタヤに近い、東部ラヨーン県の工業団地。製紙会社「タイペーパーミル」の工場では、大量の古紙がベルトコンベヤーを流れ、粉砕されていく。できあがったシート状の段ボールの束を、10人のカンボジア人従業員が黙々と運び、出荷の準備をしていた。

 単純作業だが、一日中続けていると腰や肩が痛む。作業は時々滞り、そのたびに前の工程の速度を落とさなければならない。

写真・図版
製紙会社「タイペーパーミル」の敷地内には日本から輸入した古紙がうずたかく積み上げられていた。チュサック・ホンギョク工場長は「日本の古紙は不純物が少なく、良い段ボールがつくれる」と話す=1月25日、タイ東部ラヨーン県

 長年この課題に悩まされてきたチュサック・ホンギョク工場長は3月、川崎重工業の荷積み用ロボット1台と付属品を約450万円で買った。さらに数台購入し、段ボールを積み上げて搬送するまでの作業を自動化する計画だ。外国人労働者の人件費はひとり月5万円ほど。ロボットの費用と人件費をてんびんにかけると二の足を踏んだが、将来への投資なのだと決断した。

 「タイ人は賃金が上がり、肉体労働も敬遠するので、人を集めにくい。コロナ禍で従業員が感染したら工場は止まってしまう。今手を打つべきだと考えた」。チュサックさんは語る。

 これからはタイでロボットが売れる――。そう見込んで、多くの日系ロボットメーカーが攻勢をかけている。

 同じラヨーン県内に、川重が…

この記事は有料会員記事です。残り3046文字有料会員になると続きをお読みいただけます。