遅咲きの大輪しなやかに 宝塚雪組新トップ娘役は12年目の朝月希和

有料会員記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 入団12年目のトップ娘役の誕生だ。宝塚歌劇団雪組の朝月希和(あさづき・きわ)は、遅咲きながら大輪の花を咲かせている。

 やりたいことが見つからずにいた中学生のころ、たまたま東京宝塚劇場でみた公演に感動した。「こんな素敵な場所があるんだ」と、迷わずタカラジェンヌを目指した。

 芸名の由来は、宝塚音楽学校時代、早朝の登校のときに見えた空に浮かぶ月。「朝になっても残っているあの月のように、一晩経ってもお客さんの心に残る演技がしたい」と思ったから。

 今年4月、トップ娘役に就任…

この記事は有料会員記事です。残り804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。