• アピタル

沖縄、新たに336人感染 接種・陰性証明の活用、検討始める

新型コロナウイルス

国吉美香
[PR]

 沖縄県は9日、新たに336人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認者は4万6513人となった。

 新規感染者数は前週の同じ曜日よりも229人減少し、15日連続で前週の同じ曜日を下回った。だが直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は県のまとめで199・31人と全国最多。また、専用病床使用率は78・7%、重症者の病床使用率も75・7%と高い水準が続いている。

 9日、県庁で会見を開いた玉城デニー知事は「(新規感染者は)ようやく減少傾向がみられているが、医療機関はかろうじて医療体制を維持している状況」と厳しい現状認識を示した。政府が30日まで延長した緊急事態宣言期間中には連休があることを強調し「今月どれだけ対策を徹底できるかが本当に大きな山だ」と感染対策の継続を呼びかけた。

 このほか、感染拡大を抑え込むことを前提として、ワクチン接種の証明や陰性証明書の活用を検討するプロジェクトチームを9日に立ちあげたと明らかにした。飲食業や観光業など幅広い分野での活用を検討し、経済活動再開への事前準備を進めるという。

 在沖米軍からは、空軍嘉手納基地(嘉手納町など)などで計22人の感染を確認したと県に報告があった。県のまとめでは、在沖米軍関連の感染者は計2428人。(国吉美香)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]